不動産物件を選ぶコツ|周辺を知ることが大切

中古住宅の諸経費

間取り図

手続きにかかる諸経費

ほとんどの人がマイホーム購入の初心者です。経験がないと失敗するリスクもありますが、しっかり計画を立てて購入している人なら成功しています。マイホーム購入を成功させるには、計画を立てて焦らず探すのがポイントです。マイホームは価格が高いだけに、諸経費もそれなりにかかります。マイホーム計画を立てるときは、諸経費のことも予算に入れておくことが大切です。寝屋川に沢山ある中古住宅ですが、新築より中古のほうが諸経費がかかります。寝屋川で中古住宅を購入するときにかかる諸経費は、だいたい住宅の購入価格の5%から8%です。不動産屋さんで寝屋川の中古住宅の売買契約をするときに必要な諸経費が印紙税です。印紙税は売買契約書に収入印紙を貼り、消印を押すことで納税できます。契約金が500万円以上1000万円以下の場合は1万円、1000万円以上5000万円以下の場合は2万円です。印紙税はその場で不動産会社に支払います。中古住宅の引き渡しを受けるときに必要な諸経費もあります。中古住宅の所有権移転登記の手続きは、司法書士に依頼するのが一般的です。不動産登記に関わる登録免許税や司法書士への依頼料をまとめた費用は、どこの事務所に依頼するかで違ってきます。不動産会社経由で寝屋川の中古住宅を購入する場合は仲介手数料が必要です。仲介手数料は契約金の3%+6万円が最高限度額です。その他に固定資産税、ローンの事務手数料やローン保証料、団体信用生命保険料なども必要です。